カートを見る

串本大島・カセ釣り・レッドゾーン・プロジェクト

串本のカセ釣りの中では、最も激熱の釣り。夏場のイワシエサのフカセ釣り、徹底攻略サイト
ご注意下さい!
当サイトの内容は、いわゆる、釣りキチ様には、血液が逆流し、さらに手が震えるほど釣りに行きたくてたまらなくなる内容が、随所に並びます。

心拍数バクバクで、体内のフィッシングタコメーターは、レッドゾーン(極限)に突入しますから、「鼻血ブー」の危険がございます。

閲覧は、ちっしゅを横において、この先はお進みください。

カセ釣りレッドゾーンプロジェクト主催者

串本大島カセ釣り研究所・所長
兼崎秀治(HN:海信)
こんにちは、海信です。
釣り行ってますか?

串本大島のカセ釣りに通って、丸6年が経過しましたが、その間、他の釣りは一切やらずに、串本のカセ釣り一辺倒で、ガンガン釣りをしてきました。

普通は、色々な所で、色々なものを釣って楽しむ人がほとんどだと思いますが、僕は、串本大島のカセ釣りの魅力にドップリとハマってしまって、この6年間は、ちょっと他の釣りに興味が行かなかったです。

何故か?

ここでの釣りは、釣り方も非常にマニアックで奥が深く、釣り歴45年を経過して、これまでに鍛えた技、蓄えた知識の全てを動員して攻略を試みるに、十二分に値すると確信したからです。

当サイトでは、串本大島のカセ釣りの中でも、最も激熱の釣り、「夏場のイワシエサのフカセ釣り」(カセ釣りレッドゾーン)を紹介します。存分に楽しんで行ってください。
主催者の実績
  • 浅海地区のアオサエサのグレ釣り発案
  • カセ釣りのグレ釣り、累計釣果1300枚(1トン)以上(30cm未満のコッパグレはノーカウント)
  • イスズミ76㎝(7.9キロ)渡船屋記録(おそらく、日本記録)
  • クエ13キロ(2018年7月)、マグロ15キロ(2016年7月)、グレ50㎝オーバー(20枚以上)、真鯛83㎝(6.3キロ)、ブリ10キロサイズ多数
  • 串本大島カセ釣り研究所開設、YouTubeチャンネル開設(2018年6月)
  • 串本大島カセ釣りレッドゾーンプロジェクト開設(2019年7月)
  • カセ釣りのグレ釣り、累計釣果1300枚(1トン)以上(30cm未満のコッパグレはノーカウント)
写真集
G-ZONE
グレ63枚
RED-ZONE
大型イスズミ乱舞
P-ZONE
デカい真鯛
A-ZONE
1m、10キロのブリ
RED-ZONE
大型イスズミ乱舞

串本大島カセ釣りレッドゾーンプロジェクト

早速ですが・・・

串本大島カセ釣りレッドゾーンプロジェクトとは

夏場の串本のカセ釣りでは、イワシエサのフカセ釣りで、色々な大物と対峙(たいじ)出来る釣りがあります。

串本のカセ釣りでは、冬場のブリ狙いの釣りが、最も大物狙いが出来る釣りと思われていることが一般的で常識とされていますが、カセ釣りレッドゾーンで当たって来るデカいヤツと比べると、7、8キロくらいのブリくらいでは、パワーは半分にも満たないです。


何が当たって来るのか?


いや、何が当たって来るか解らないのがカセ釣りレッドゾーンの釣りの魅力で、道具もそれなりのモノを揃えて欲しいですが、この釣りでの推奨ハリスは・・・

  • 小物相手には6号
  • 通常で12号
  • オバケ退治は20号以上

と、一般的な串本のカセ釣りの常識の3倍から数倍程度の強度の道具でトライする釣りです。


実績は、日本記録級のイスズミや、マグロ、クエ、大鯛、ヒラメ、コロダイ、ブリ、ヒラマサ、シマアジなど、高級魚が多彩で、グレは50㎝(2キロ)オーバーのヒット率が、この釣りでは、なんと約10%です。

カセ釣りレッドゾーンの釣りでは、グレは最弱のターゲットですが、グレに関して言わせてもらえば、例えば、和歌山の磯釣りでは、50㎝オーバーのグレは、一生掛かって1枚釣れたら良い方だと思いますが、この釣りでは、半日の釣りで50オーバー3枚とか、少し潮が良ければ普通に釣れます。

当サイトでは、この、カセ釣りの中では最強とも言えるスーパーフィッシングを「カセ釣りレッドゾーンプロジェクト」と題して、紹介するものです。


この釣りでは、一般的な釣りの常識は通用しません。


カセ釣りレッドゾーンの釣りは、カセ釣りレッドゾーンの知識と常識の中で遂行する必要があります。

何故なら、それらが無いと、バラしてばかりになるし、まさに、「生兵法は怪我の基」で、危険すら伴う事があるからです。

まずは、当サイトで知識武装し、後は実践あるのみです。ぜひ、ドデカいヤツ相手に、ヒーヒー言わされてください。笑

こんな方にお勧めです

  • 愛竿の石鯛竿を思いっきり曲げてみたい
  • とにかく、デカいヤツと勝負したい
  • イワシエサのフカセ釣りを極めたい
  • 自己記録を更新したい
  • 釣技を次元の違うレベルまで向上させたい
  • せっかくの青物用のロッド、もっと使いたい
  • 串本のカセ釣りを、もっと知りたい
  • 5号、6号の磯竿を思いっきりブン曲げてみたい
  • 自己記録を更新したい

実績写真集

この程度の釣果は、ほんの一部で、紹介しきれないモンスター級、爆釣の実績は多数です。

また、インターネット上では紹介できないターゲットなどもあったり、ほんの一部のマニアの間で、ひっそりと展開されている激熱の釣りを当サイトでは紹介していると言う事です。

まずは、串本のカセ釣りの魅力を知ろう!

知識武装でまずは準備!

当サイトで紹介する「串本大島カセ釣りレッドゾーン」の釣りは、モンスターサイズにターゲットを絞った釣りですが、その前に、この釣りを円滑に実践するには、まずは、串本のカセ釣りの基礎や原則を、知識として取り入れておく必要があります。

レッドゾーンで当たって来るモンスタークラスは、マグレで釣れるような代物では無いです。

技術は道具のパワーで、ある程度カバーできますが、並行して、串本のカセ釣りにおける「知識武装」が必要です。

解りやすいように、串本のカセ釣りを、ゾーン別にカテゴライズして、説明します。

興味のある方は、何度も繰り返しお読みください。

ゾーンで分類・串本のカセ釣り

串本のカセ釣りでは、色々な魚が釣れるわけですが、狙うターゲット、季節、条件等によって、釣り方、道具、考え方などを、カテゴライズ(区別、分類)しておく必要があります。

この考え方がないままに、適当な釣りを適当にやっているだけでは、中々良い釣りにはならないわけです。

まして、串本のカセ釣りのポテンシャルは未知数で、これだけ手軽なのに、何が釣れるか解らない「一発」を秘めた釣りです。

その中でも、「レッドゾーン」の釣りは、最強の位置に君臨しますが、向学のため、各ゾーンの釣りも、ここでは紹介しましょう。

1ST.ステップ「G-ZONE」

串本のカセ釣りでは、小物狙いの釣り。メインターゲットはグレです。

G-ZONE(Grey Zone)

G-Zoneは、串本のカセ釣りのファーストステップ的な位置づけで、「グレーの魚」、すなわちグレがメインターゲットになる釣りです。
小割のエサのコボレに付いた、串本のカセ釣りで釣れるグレは、脂の乗りが良く、筋肉質で、大型が多いのが特徴として上げられます。

また、串本のカセ釣りのグレは、オキアミエサではなく、ペレットをエサにすることも特徴的で、「ホンダワラのイガミ釣り」、「酒かすのアイゴ釣り」と並んで、和歌山の三大ご当地釣法として有名です。

ここでのグレ釣りは、一部のマニアに非常に人気のある釣りですが、串本のカセ釣りを、メインターゲットの強度でカテゴライズすると、サイズは最も小物で、パンチ力は最弱のターゲットとなります。

グレは大きくても、2キロ前後がメインで、使用するハリスも3号程度。数が多いので、一回の釣行で、総重量で50キロとか釣れたりすることもありますが、釣り自体は、串本のカセ釣りの中では「小物釣り」なので気楽にやれるし、その割には簡単に大型グレが釣れますから、初心者の方や、女性、お子様でも楽しんで頂けます。

2ND.ステップ「P-ZONE」

串本のカセ釣りでは、平均的な定番の釣り。メインターゲットは真鯛です。

P-ZONE(Pink Zone)

P-Zoneは、串本のカセ釣りでは定番的な釣りの位置づけで、「ピンクの魚」、すなわち真鯛がメインターゲットとなる釣りです。
真鯛は、乗っ込み期には6キロ(80㎝)オーバーの超大型も狙えるし、串本大島近辺のカセ釣りの各ポイントでは、年間を通じて、数、型ともに狙える好条件が整っている事が特徴としてあげられます。

P-Zoneの釣りも、G-Zone(グレ釣り)同様に、非常に人気のある釣りですが、串本のカセ釣りのターゲットの強度でカテゴライズすると、サイズ、パンチ力共に、ちょうど平均的で、道具は5号前後のハリスでトライしますから、スリルのある、ハラハラドキドキの釣りが展開できます。

真鯛は、時折、8キロ以上のスーパーモンスターも出現しますが、通常大型は5キロから6キロクラスで、平均的には3キロから4キロで合格サイズと言えます。

真鯛狙いを中心としたP-Zoneの釣りは、串本のカセ釣りの中では、「良型狙い」の釣りに分類されますが、釣り方自体は、解ってしまえば、非常に簡単で単純です。この釣りも、初心者の方や、女性やお子様にも楽しんで頂けます。

FINAL ステップ 「A-ZONE」

串本のカセの定番の釣りでは大物釣りに該当する青物狙いの釣り。メインターゲットはブリ、メジロです。

A-ZONE(Aomono Zone)

A-Zoneは、串本のカセ釣りでは、大物釣りの位置づけで、「青い魚」、すなわちブリ、メジロの青物がメインターゲットとなる釣りです。
マグロの小割のエサのコボレに付いたブリ、メジロを狙うイワシエサのフカセ釣りの他、串本流のカモシ釣り(天秤フカセの釣り)や小魚に付いたブリ、メジロを狙う飲ませ釣りと、A-Zoneの釣りは多彩です。

串本大島沿岸で釣れるブリ、メジロは、栄養状態が非常に良い個体が多数いると言うのが特徴的で、時折、15キロに絡む、スーパーサイズが愛竿を満月にしてくれます。

A-Zoneの釣りは、9月中旬から始まるのが一般的で、この時期は数が出ます。一人で30本とか釣っている人がいたりします。

この釣りもG-Zone、P-Zone同様に、非常に人気のある釣りですが、串本のカセ釣りのターゲットの強度でカテゴライズすると「大物釣り」に分類されます。平均的な使用ハリスは、8号から12号程度で、潮が良い場合は、これでバチバチ切られたりすることも、日常茶飯事です。

とは言え、青物狙いメインのA-Zoneの釣りは、釣り方自体は、解ってしまえば、簡単で単純です。この釣りも、初心者や女性、お子様にも楽しんで頂けます。
これら定番ゾーンの釣りは、情報量も多く多彩です。実績も多数で、各ゾーンの釣りを楽しんでいる人も数多くいます。そして

知る人ぞ知る、これら定番ゾーンを超越した、ハイパークラスの激熱の釣りがあります。それが・・・


ULTIMATE ステップ「RED-ZONE」

串本大島の釣りでは、最強ランクに君臨するUltimate Fishing(究極の釣り)。メインターゲットは「デカいヤツ」です。

RED-ZONE

RED-ZONEの釣りは、串本のカセ釣りの中では「最強の釣り」です。

何が当たって来るか解らない、そのワクワク感は、心拍数バクバクで、デカいヤツが掛かった時の体内の“フィッシングタコメーター”は、まさに限界ギリギリのレッドゾーンに突入します。
基本的に、マグロの養殖小割のエサのコボレに付いた大型魚や、網の近くにいる小型魚を捕食しに来る大型魚に的を絞って狙う釣りです。

本州最南端に位置する串本の海域は、パンチ力充分の南方系の魚や、小割のエサのコボレの影響で筋肉増強マックスのモンスタークラスのターゲットが数多く存在します。

これらのモンスタークラスのターゲットは、P-Zone(真鯛狙い)やA-Zone(青物狙い)のタックルにもしばしば勝負を挑んできますが、ほぼ100%、それら強度不十分の道具では取り切ることはできません。

RED-ZONEの釣りは、梅雨から9月頃が釣期にあたります。

G-Zone(グレ狙い)やP-Zone(真鯛狙い)と釣期が合致するため、これまで、RED-ZONEの釣りは脚光を浴びることが無かったわけです。さらに言うと、RED-ZONEクラスの一撃が当たっても、アッサリとバラしてしまって、「コロダイが当たった」「青物が当たった」で片づけられてきたわけです。

この釣りは、上物狙いで、大型グレや巨大イスズミをメインに狙いますが、底付近に狙いを絞ると、大の男子が危険を感じるほどの強烈なモンスターが当たってきたりする釣りです。

よって、準備や装備に、ある程度気を使う必要があります。こっちが「10キロの魚で良い」と思っていても、20キロ、30キロの巨魚が当たって来る事があるし、こういうのは、シッカリとした装備でトライしないと、ある意味、危険が伴います。

とは言っても、釣り自体は、単純で簡単です。キモは当たったら、根性入れて絞れるかどうか・・・です。笑

体感して欲しい・レッドゾーンのカセ釣り

絞れるかっ!?
ここから、もう一度っ!

デカいヤツとの勝負!
究極の面白さっ!

串本大島カセ釣り研究所・研究レポート

串本大島カセ釣りレッドゾーンの釣りは、昨年より、「イワシエサのフカセ釣り」と題して、YouTubeチャンネル等で紹介してきましたが、「釣り方が解らない」「上手く釣れない」等、色々なご意見、ご質問を数多く頂きました。

そこで、今期の夏場のイワシエサのフカセ釣りは、「カセ釣りレッドゾーンプロジェクト」と題して、実践のサポートを充実させるために、これまでの研究成果をレポート(虎の巻レポート)にしました。

このレポートをご購入頂くことで、串本大島カセ釣り研究所主催の「カセ釣りレッドゾーンプロジェクト」へご参加頂けます。

レポートの詳細は以下をご覧ください。

串本大島・カセ釣りレッドゾーン・虎の巻レポート(2019年度版)

串本大島カセ釣り研究所では、カセ釣りレッドゾーンの詳細を記しました虎の巻レポートを作成しました。

これさえあれば、モンスターと真っ向勝負が準備OK!

夏場のイワシエサのフカセ釣り、徹底解説レポートです。かなり興味深い内容となってます。

とにかく、竿をへし折られるかどうかの、極限(レッドゾーン)の勝負をして頂くために必要なことが、色々とレポートされております。

購入者は、カセ釣りレッドゾーンプロジェクトへご参加頂くと言う事で、「サロン・カセ釣りレッドゾーン」にご招待させて頂きます。特典として、僕のフルサポート同伴釣行もサロン会員特別価格でご利用頂けます。
レポート内容
  • 初めに(串本のカセ釣りの魅力・大物と力勝負について)
  • 渡船店について(どこでも良いですが、押さえておきたいポイントがあります)
  • 注意点(これを知らないと、渡船店と良好な関係が構築できません)
  • ターゲット(代表的なターゲットと考え方)
  • 釣り方と道具(具体的に、このくらいの道具を揃えたい)
  • ポイント(モンスターが高頻度で出現する条件は?)
  • 裏技(ヒット率が跳ね上がる裏技を紹介)
  • 釣期の話
  • あとがき

読み応えタップリの上に、特典として、メールでのサポート、釣行前のアドバイスコールを準備してます。

これほどの盛沢山の内容なので、定価9800円ですが、今回キャンペーン価格にてご奉仕中です。

具体的には、3000円(税別)で、非常にお買い得となってます。
  • 特別販売価格
  • 3,000円
  • (税別)(税込み3240円)

有料サービス内容

虎の巻レポートコース
名 称 虎の巻レポートコース
サービス内容 レポート(PDFファイル)の閲覧
目的 釣行前の知識武装
会員サイト あり。サロン・カセ釣りレッドゾーン
メール講義 全7回のメールでの講義。かなり濃い内容になってます
価格 3000円(税別)(税込み3240円)
お問合わせ コースについてのお問い合わせは、こちらのメールフォームからお願いします
お問合わせ コースについてのお問い合わせは、こちらのメールフォームからお願いします
同船サポートコース
名 称 同船サポートコース
サービス内容 カセに同乗しての手取り足取りサポート
目的 実釣にて、完全サポート
会員サイト あり。サロン・カセ釣りレッドゾーン
メール講義 全7回のメールでの講義。かなり濃い内容になってます
価格 1回1万円(税別)(税込み10800円)
ご自身の渡船料、エサ代等は実費
購入資格 虎の巻レポートコースの会員限定
購入方法 サロン・カセ釣りレッドゾーンからの問い合わせとご注文
お問合わせ コースについてのお問い合わせは、こちらのメールフォームからお願いします
お問合わせ コースについてのお問い合わせは、こちらのメールフォームからお願いします
虎の巻レポートコース参加者は、プロジェクトメンバーとして、サロン・カセ釣りレッドゾーンにご案内します。

同船サポートコースは、釣行日程の事もありますから、日程の調整等、サロンのメールフォームよりご相談ください。

カセ釣りレッドゾーン・虎の巻レポート・さらに詳しく

STEP 1
大物との力勝負
カセ釣りレッドゾーンの釣りは、串本のカセ釣りの中でも最強の釣りです。

この項では、この釣りの心構えや基本的なことを書いてますが、まずは、あなたの持っている「釣りの常識」をカセ釣りレッドゾーンレベルに引き上げて下さい。
STEP 2
渡船店について
串本のカセ釣りでは、多くの渡船業者が入ってますが、各渡船店ともに、レッドゾーンレベルの釣りには理解があるはずです。

ただ、この釣りを遂行するには、カセの設置に一定の条件を満たしておきたいです。それを詳述解説。
STEP 3
この釣りの注意点
この釣りで釣ってみたい最強のターゲットは、ナンと言っても「〇〇〇」ですが(大ぴらに出来ないので伏せます。笑)
この最強ターゲットを狙うには、釣りの技術や知識の他に、必要な「別の知識」があります。これを知らないと、まず、釣れません。
STEP 4
ターゲットについて
どのくらいのサイズのどういうターゲットが狙えるのか。また、それが狙える条件とは、どういう条件が整った時なのか?
実際の経験から導き出されたデーターをもとに、解説します。
STEP 5
道具について
レッドゾーンの釣りだけではなく、どのような釣り具を揃えれば、串本のカセ釣りは円滑に行えるのか・・・

僕が具体的に利用している釣り具などにも言及してます。
STEP 6
ポイント(釣場について)
カセ釣りレッドゾーンの釣りでは、カセを付ける際に、いくつかの重要ポイントがあります。
また、渡船業者や漁業者しか知らないような、激濃いのポイント裏情報などにも言及しました。
STEP 7
裏技
この裏技を知っていると、モンスターとの遭遇率が30%程度は跳ね上がります。
裏技の仕方と考え方を詳述解説。
STEP 8
釣期の話
レッドゾーンが激熱になる時期と、そうじゃない時期の過ごし方など、年間を通じて、串本のカセ釣りを思いっきり楽しむための必要な知識色々です。
STEP 9
あとがき
カセ釣りレッドゾーンの釣りに限らず、生涯釣りを楽しむために、必要な知識や心構えなど、この話だけでも、数万円の価値です。
STEP 3
この釣りの注意点
この釣りで釣ってみたい最強のターゲットは、ナンと言っても「〇〇〇」ですが(大ぴらに出来ないので伏せます。笑)
この最強ターゲットを狙うには、釣りの技術や知識の他に、必要な「別の知識」があります。これを知らないと、まず、釣れません。
レポートの内容だけでも、お腹いっぱいになるとは思いますが、さらに、虎の巻レポートの購入者のあなたには、何が何でも良い釣りをして、ドデカいのを釣って欲しいので、これでもかっ!と言う所まで、特典も付けさせて頂きます。

虎の巻レポートにプラスして、特典のサービス各種で、もう「釣れない」とは言わせません。

4大特典の詳細は以下です。

盛り沢山の「4大特典」とは・・・

(1)定例会のお誘い
カセ釣りレッドゾーンプロジェクトメンバーになられた暁には、サロン・カセ釣りレッドゾーンの集まり(インターネット上のグループ)にお誘いしますが、このメンバーで例会を企画しております。
例会は、前夜祭も企画してます。日時は、サロンで告知します。
(2)釣行前のアドバイスコール(通常1相談・3000円のサービスが無料)

プロジェクトメンバーは、釣行前に、最近の傾向や、その対策など、電話にて相談を受け付けます。
サロンに僕の電話番号がありますから、そちらにお気軽にコールして下さい。
このコールは、釣り具購入の相談等もOKです。

(3)メールによるサポート(通常1相談・3000円のサービスが無料)

プロジェクトメンバーからの、串本のカセ釣りにおける相談は、メールによる「ナンでも相談」も受け付けます。
コンサルティング的なサポートで、通常は有料のサービスです。

(4)串本大島カセ釣り研究所のYouTube動画に出演(通常1出演・3万円のサービス商品が無料)

定期的にYouTubeに動画をアップしてますが、プロジェクトメンバーは出演を希望さる場合、日程が合えば出演して頂けます。
的確なアドバイスで、ぜひ、カッコ良い所を動画に残して下さい。


とにかく、プロジェクトメンバーとは、出来れば「家族的なお付き合い」とかも、やれるならしたいと考えてますから、ちょっとめちゃくちゃな特典も用意しました。

これらの特典は、カセ釣りレッドゾーンプロジェクトメンバー限定で、無料でご利用いただけるサービスですから、存分にご利用ください。

(追加サービス)ステップメールによる講義

ステップメールで、串本のカセ釣りの基本的なことや、色々な裏情報、それに、串本のカセ釣りを円滑にこなすために、絶対に抑えておきたい最重要ポイントを講義します。

虎の巻レポートにプラスして、このメールセミナーの内容があれば、鬼に金棒です!

メールセミナーの具体的な内容は以下です
Step
1
カセ釣りレッドゾーンの歩み方
虎の巻レポート、メールセミナー等で知識武装は完璧になりますが、大事なことは、学びえた事を実践でどうカスタムして自分のものにするか・・・です。
第一回のメール講義では、この点について、少しお話します。
Step
2
串本のカセ釣りを円滑に楽しむために
串本のカセ釣りを円滑に進め、大いに楽しむために、絶対に抑えておきたい重要ポイントがあります。
というか、この「重要ポイント」はどんな釣りでも同じでしょう。ズバっと斬り込みます。
Step
3
G-ZONEの釣りを楽しもう
串本のカセ釣りでのグレ釣りは、大型より小型を釣る方が難しいグレ釣りです。笑
串本のカセで釣りをするなら、このG-ZONEの釣りをしない手は無いです。
グレ釣りについて、色々とお話します。
Step
4
P-ZONEの釣りを楽しもう
真鯛釣りは、串本のカセ釣りでは最も人気のある釣りです。この釣りの知識やノウハウは、串本のカセに通う以上押さえておきたいポイントの一つと言えるでしょう。
真鯛釣りの、ちょっとしたコツなどもメールの講義では伝えています
Step
5
A-ZONEの釣りを楽しもう
青物釣りは、手軽に迫力のある釣りが出来るのが魅力。この釣りも、押さえておくべきポイントがいくつかありますが、これを解説してます。
寒の時期の串本のブリは、大きさも脂の乗りも格別です。ぜひ、バカスカ釣って下さい。

Step
6
RED-ZONEの釣りに挑戦しよう
モンスタークラスに挑む、レッドゾーンの釣り。メインターゲットは上物で大イズスミ、底物でクエですが、色々なモンスタークラスの魚が当たってきます。
串本のカセ釣りの基本をマスターした上でトライすると、結構、良い確率でモンスターと遭遇できるんですが・・・
Step
7
スーパー・アングラーを目指して
スーパーアングラー(名手)になるためには、単純に言うと、「3つの条件」を揃えるだけでいいんですが、これは串本のカセ釣りに限った話では無いです。
この話は、目からウロコがボロっと落ちると思います。笑
Step
2
串本のカセ釣りを円滑に楽しむために
串本のカセ釣りを円滑に進め、大いに楽しむために、絶対に抑えておきたい重要ポイントがあります。
というか、この「重要ポイント」はどんな釣りでも同じでしょう。ズバっと斬り込みます。

お問合せ

カセ釣りレッドゾーンプロジェクトに参加の件や、虎の巻レポート購入の件について、何か、ご意見、ご質問等がありましたら、お気軽に、こちらからどうぞ。当社3営業日以内に返信差し上げます。

当レポート・実践者の声

いきなり、50㎝のグレ

溝部祥子(元ハヤブサLady 隼華-HAYAKA-初代メンバー)

いつもお世話になっている串本大島の大島フィッシングさんの紹介で、「串本大島カセ釣りレッドゾーン・プロジェクト」っていうのがあると教えてもらいました。

これ、カセ釣りで、イワシのエサで大物を釣ると言うプロジェクトと言う事で興味津々。「ぜったい、やってみたいっ!」と思いました。

先日、2019年のレッドゾーン・プロジェクトのスタートフィッシングに同行することが出来て、初日にいきなり50㎝の大型グレが釣れました。

こんな大きなグレ釣ったことが無いし、「どうなってのよ、これっ!スゴ過ぎるっ!」って思ったんですけど、主催者の兼崎さんも、大島フィッシングの船頭さんも・・・

「もっと、ゴツいのあるで・・・笑」

釣行日は、2019年の6月29日と30日で、少し活性が低いと言う事でしたが、このグレの他に、45㎝と48cmの大型グレをゲットできました。

でも、二日目の早朝にスゴいアタリがあって、それは切られてしまいました。もう、すごく悔しいので、絶対に、次もチャレンジします。

当日は、やったことは、虎の巻レポートに書いてあることを、そのままやっただけです。やってたこと自体は、簡単で単純と言うか、「ホントにこれでだいじょうぶなの?」って思いましたけど、これで、50㎝のグレとか、もっとスゴいのに切られたり、もう、この釣り、病みつきになりそうです。笑

私からも、虎の巻レポート、おススメします。

当レポート・推薦者の声

めちゃくちゃ釣るんちゃうかな

大島フィッシング船頭・白椿寿久氏
いや、このレポートすごい。地元の人間しか知らんようなことも、よーけ入っているし、買った人は、兼崎さんのサポートも付いているし、めちゃくちゃ釣るんちゃうかな・・・
レポートに書いてある通り、イワシの釣りで、ぜひ、めちゃくちゃ釣って下さい。ポイントへの案内は、任せてくれたらエエと思います。

VOICE

ウチのお客さんにも、じわじわ広まってます

フィッシング隼船頭・吉田隼人氏
カセ釣り研究所のYouTubeチャンネルを見たお客さん、うちにもボチボチと来られていて、大イスズミも釣ってますよ。このレポートには、レッドゾーンの釣りだけじゃなくて、グレ釣りも、真鯛釣りも青物釣りの事も書いてあるので、ご覧になられたら、大島のカセ釣りの「通」になれると思います。また、レッドゾーンの釣りは、うちにも良いポイントがありますから、ガンガン、大きいのを釣りに来て下さい。

VOICE

これ買う人は、ホンマ得やと思います

大イスズミキラー・米谷氏
夏のイワシエサの釣りは、かなり面白いので、兼ちゃんと、よく行ってますが、毎年毎年凄いのが釣れるし、僕もこの釣りでは、色々と研究を重ねてます。
このレポートは、まさに、この釣りの神髄を突いているので、これ買う人は、ホンマ得やと思います。
僕ら、切られまくって覚えましたからね・・・笑
VOICE

レッドゾーンレベルに切られまくってます

青物釣り師・植田氏
3年前に兼崎さんにイワシエサの釣りを教えてもらって、それからハマりまくってます。青物メインで釣ってますけど、レッドゾーンレベルには、バチバチ切られるばかりで・・・笑
イワシのエサでは、色々なものが釣れるし、このレポートに書いてある通りやと思います。
例会で、ぜひ、並んで釣りをしましょう。
VOICE

レッドゾーンの釣りで、自己記録更新狙ってます

大鯛キラー・山本氏
僕は、真鯛釣りメインで串本のカセ釣りに通ってますけど、兼崎さんの釣行日と重なることが多いので、いつも、色々と教えてもらってます。カセ釣りレッドゾーンの釣りでは、大型の真鯛も釣れると言う事で、今年はこの釣りで、真鯛の自己記録更新、狙ってます。
しかし、このレッドゾーンの釣りはすごいです。
VOICE

70㎝オーバーが食ってきたときの感触は絶品です

ナンでも釣り師・西田氏
兼崎さんとは、串本カセ釣り研究所のYouTubeチャンネルが始まる前から付き合いがありますが、とにかく、彼のグレ釣りはスゴくて、特に、アオサのグレ釣りを、よく教えてもらいました。
イワシエサの大イスズミ狙いは、僕も好きで毎年やってますが、70㎝オーバーが食ってきたときの感触は絶品です。このレポートで事前研究して、皆さんも楽しまれると良いと思います。
VOICE

何が何でも取ってやる!

青物キラー・川西氏
青物釣りメインで串本のカセには通ってますが、串本大島カセ釣り研究所のYouTubeチャンネルは、いつも参考にさせてもらってます。
今回は、レッドゾーンの釣りと言う事で、非常に楽しみというか、一度、イワシのエサで、とんでもなく強烈な一撃に切られたことがあって、そのレベンジのためにも、僕もこの虎の巻レポートで研究し直します。
何が何でも取ってやる!と気合十分です。笑
VOICE

私たちも推薦します

釣りガール・ヨーコさんとユリさん
どーせ釣りするなら、デッカいのが釣りたいので、海信さんに連れて行った貰ったら、ビックリするくらいスゴイのが掛かって、バチって切られちゃいました。
すっごく悔しいので、今年もいきます!一緒に釣りしましょうね♪
あ、このレポート、推薦しまーす。
VOICE

らしさ全開と言う内容ですね

食そうアングラー・HN:悪っちゃん氏
かねさんと磯釣りばっかり行ってましたが、串本のカセには、何度か一緒に行ってます。
その都度、グレをガンガン釣ってましたが、今回は、モンスター狙いのレッドゾーンと言う事で、らしさ全開と言う内容ですね。
かねさんは、こう見えて、理詰めで釣りを組み立てるんですが、このレポートはまさに・・・です。推薦します。。
VOICE

ウチのお客さんにも、じわじわ広まってます

フィッシング隼船頭・吉田隼人氏
カセ釣り研究所のYouTubeチャンネルを見たお客さん、うちにもボチボチと来られていて、大イスズミも釣ってますよ。このレポートには、レッドゾーンの釣りだけじゃなくて、グレ釣りも、真鯛釣りも青物釣りの事も書いてあるので、ご覧になられたら、大島のカセ釣りの「通」になれると思います。また、レッドゾーンの釣りは、うちにも良いポイントがありますから、ガンガン、大きいのを釣りに来て下さい。

VOICE

カセ釣りレッドゾーンプロジェクト2019

実践動画(2019年6月29日、30日)

実践動画(2019年7月8日)


最後に、当レポートの目的と意味

伝承していくことの意味と重要性

突然ですが、あなたは、「釣りの名人」と「釣りの名手」の違いをご理解されているだろうか?

当然ですが、名人も名手も魚と釣ることにおいては上手なのは当たり前でしょう。

しかしながら、「名人」と呼ばれる人と「名手」にとどまると人では、ある「決定的な違い」があります。それは以下の言葉で、目からウロコが落ちるように、ご理解頂けるはずです。すなわち・・・


名手は釣って見せるだけ、
名人は、釣って”魅せる”。


要するに、名手は、魚を釣ることにおいて、器用に釣りはこなしますが、名人の釣りは、魚を釣ることによって、人を魅了すると言う事。言い換えれば、名人の釣りは、魚を釣ることによって、色々な人に影響力を及ぼすと言う事です。

こう考えると、名人と名手のこの両者は、全くの異質なものと言えると思います。


僕は、もう45年も釣りを楽しんでます。

これだけの長い月日だと、釣り人生においても、色々な紆余曲折はあったわけですが、45年前も今も、全く変わらないのは、「釣り」というものが絡むだけで、何かにつけてドキドキさせられることで、簡単に言うと、僕にとって、釣りはめちゃくちゃ楽しくて仕方ないわけです。

これだけの長い期間、釣りを楽しんできて、さらに、この先ずっと、僕は釣りを楽しむわけで、この僕が感じている「楽しさ」は、人として生まれた以上、後進に伝承してくことが、釣り師として生まれた、人としての一つの「役割」であり「義務」と考えてます。

そして、後進の人々に、僕が感じている釣りの楽しさを伝承していこうと思うと、僕は釣りを通して、色々な人に影響力を及ぼすような人間になる必要があると思いました。

こう思うようになってから、僕は、釣りの名人を目指すようになりました。「伝承と言う役割は、名人になれば果たせる」と思うからですね。


技量や知識においては、「まだまだ・・・、名人なんてとんでもない。」と思う反面、YouTubeやブログのコメントを通じて、好意的なご意見も頂けるようになってきたし、手ごたえを少しずつではありますが、感じることが出来る今日この頃になってきました。

昨年より温めてきたカセ釣りレッドゾーンの釣りも、「魅せる」と言う部分に留意して動画やブログコンテンツを作ってきましたが、これが理由です。


しかし、カセ釣りレッドゾーンの釣りには、魅了されっぱなしです。笑
いつの日か、あなたと同船出来る日を楽しみにしております。

では、サロン・カセ釣りレッドゾーンでお待ちしてます。

よくある質問

  • Q
    決済はクレジットカードは使えますか?
    A
    お使い頂けます。主要クレジットカード各種の他、コンビニ払いを決済フォームにて用意しております。決済フォームに無いクレジットカード、また、銀行振り込みにて決済をご希望の場合は、こちらのメールフォームよりご連絡下さい。折り返し連絡差し上げます。
  • Q
    サロン・カセ釣りレッドゾーンは、パソコン環境でのみの閲覧ですか?
    A
    ご安心ください。スマホからでも閲覧は可能です。
  • Q
    レッドゾーンの釣りは、いくらくらい掛かりますか?
    A
    渡船料・6000円(※)と、エサ代が5000円(イワシパン2500円×2枚)ほどです。イワシパン1枚でも出来ないことは無いですが、まあ、せっかくなので、2枚くらい持っていた方が良いと思います。
    ※渡船料は、消費税増税後値上がりが予定されているようですが、2019年7月現在では6000円です
  • Q
    竿受けを持ってないです。竿を無くすでしょうか?
    A
    尻手ロープを絶対に外れないように付けておけば大丈夫ですが、竿受けは、あった方が安全と言えば安全です。
  • Q
    レッドゾーンの釣りは、丸一日出来ますか?
    A
    やろうと思えば出来ますが、夏場の釣りでもあり、気温が非常に高いので、午前中だけとかにしておく方が無難かも・・・です。昼からでも当たらないことは無いですが、イワシエサの鮮度も落ちてくるし、午後は体力の消耗も激しので、僕は昼までに上がるようにはしてますが・・・
  • Q
    串本大島カセ釣り研究所の研究員になりたいです。どうすればなれますか?
    A
    研究員は、今の所、募集はしておりませんが、要望が多いようなら考えます。
  • Q
    同船サポートコースをお願いすると、カセ釣り研究所の動画に出れますか?
    A
    ご希望であれば、撮影からYouTubeにアップロードまでやります。良い記念になると思います。
  • Q
    レッドゾーンに適切な道具が無いです。サポートコースに申し込めば、道具のレンタルはありますか?
    A
    実費が掛かりますが、渡船店に道具のレンタルがありますから、ご相談ください。
  • Q
    サポートコースの釣りを1泊二日でやりたいです、宿泊施設はありますか?
    A
    渡船店の仮眠所の他、民宿、ビジネスホテルが近くにありますから、案内できます。ご相談ください。
  • Q
    特典だけでも数万円のレベルと思いますが、追加で料金とか掛からないですか?
    A
    虎の巻レポートの購入で、カセ釣りレッドゾーンプロジェクトへご参加頂けます。4大特典各種は、全て付属サービスですから、料金は発生しません。しかし、同船サポートについては、1回1万円(税別)の料金が発生します。このサービスは、僕自身が大阪から串本まで出向きますから、まあ、交通費をご負担頂いているようなものです。
  • Q
    二人で釣りに行こうと思いますが、同船サポートサービスは、二人分と言う事で2万円ということでしょうか?
    A
    お二人であれば、僕を含めて3名ならカセは一台で間に合いますから、料金は、一日1万円(税別)となります。
  • Q
    虎の巻レポートは、家族や友人と共有しても良いですか?
    A
    出来ません。購入が閲覧の条件になっておりますから、閲覧を希望される方は、ご購入をお願いします。レポートは著作物ですから、ご賢察を宜しくお願いします。
  • Q
    ステップメールの講義が届きません
    A
    Gメールやヤフーメールのような無料のメールサービス、それに、iCloudメールなどは、メールマガジン形式のものは届きづらい傾向にあります。プロバイダから支給されているメールアドレスや、独自ドメインを利用したメールアドレスなどが無難です。

    メルマガセミナーの配信は「@red-zone.kase-turi.com」からされますから、ドメイン指定の受信設定をされておくと完璧です。

    スマホ(携帯電話)でメールセミナーを受信される際は、迷惑メールに入りやすい事が考えられます。各種設定については、こちらで案内してます。⇒ 携帯電話で迷惑メールと扱われないための携帯電話設定方法
  • Q
    サロン・カセ釣りレッドゾーンは、パソコン環境でのみの閲覧ですか?
    A
    ご安心ください。スマホからでも閲覧は可能です。

串本大島・カセ釣りレッドゾーン・虎の巻レポート(2019年度版)

レポート内容
  • 初めに(串本のカセ釣りの魅力・大物と力勝負について)
  • 渡船店について(どこでも良いですが、押さえておきたいポイントがあります)
  • 注意点(これを知らないと、渡船店と良好な関係が構築できません)
  • ターゲット(代表的なターゲットと考え方)
  • 釣り方と道具(具体的に、このくらいの道具を揃えたい)
  • ポイント(モンスターが高頻度で出現する条件は?)
  • 裏技(ヒット率が跳ね上がる裏技を紹介)
  • 釣期の話
  • あとがき

読み応えタップリの上に、特典として、メールでのサポート、釣行前のアドバイスコールを準備してます。

これほどの盛沢山の内容なので、定価9800円ですが、今回キャンペーン価格にてご奉仕中です。

具体的には、3000円(税別)で、非常にお買い得となってます。
  • 特別販売価格
  • 3,000円
  • (税別)(税込み3240円)

お問合せ

カセ釣りレッドゾーンプロジェクトに参加の件や、虎の巻レポート購入の件について、何か、ご意見、ご質問等がありましたら、お気軽に、こちらからどうぞ。当社3営業日以内に返信差し上げます。


販売会社概要

株式会社かいしんげきウェブサービス
「串本大島カセ釣り研究所」は株式会社かいしんげきウェブサービスに属します。
代表取締役:海信(兼崎秀治)
大阪府大阪市淀川区宮原1丁目4-23 408